FC2ブログ

潜航 潜水艦①

DSC06324.jpg
『クリアーエポキシレジン』で水の表現を、始めました。  全くの未経験で、参考にしたのは『YOU TUBE』です。
   



DSC06091.jpg   
童友社 1/700 『ゆうしお』を、レジンの中で潜水させるべく作業に入りました。

DSC06094.jpg
グルーガンで液槽の製作。

DSC06335.jpg
タミヤ透明プラバン0.2mm厚で組むと…。

DSC06339.jpg DSC06337.jpg
接着剤の熱で、ベコベコ。 0.2mmは薄すぎた。 1度目の失敗。

 
DSC06102.jpg DSC06101.jpg 
1mmで再製作。潜水艦を水中で浮かせる為にレジンを2層で注入する事にした。(BB弾は1層目の体積相当分)


DSC06107_20200818161535dcd.jpg  DSC06106_20200818161533616.jpg 
BB弾をコップに移した。(約60mm)A液、B液の混合比は2:1、マジックペンで3等分の目盛りを記入。

DSC06110.jpg  DSC06111_20200817174659b4d.jpg
 DSC06109.jpg 
今回使用する(左:カトー)(右:タミヤ) 両社共、混合比2:1

DSC06112_202008181632240f4.jpg  DSC06113_20200818163226529.jpg 
先ず、『カトー』社製を使用。『A液』少し入れ過ぎ。次に、『B液』を1/2投入し、撹拌。
『B液』が両社とも黄褐色だったのが気になった。撹拌後、黄色はそのまま残った。


DSC06114_20200818164703e6f.jpg   DSC06115_202008181643115e4.jpg
次に海の雰囲気を出す為に同社の『波音カラー・モスグリーン』を2滴落として、撹拌。
透明度が悪くなった。

DSC06120.jpg DSC06119.jpg 
『ゆうしお』が水中で浮くように治具を製作。
レジン液を槽に移して1晩経った次の日、底が抜けていた。2度目の失敗。
気を取り直して再々度、液槽を作った。

DSC06125.jpg DSC06126.jpg DSC06127.jpg DSC06128.jpg DSC06129.jpg DSC06131_20200818174328cf8.jpg 
もう1度同じ工程を繰り返した。
船底が少しレジンに掛かった所で硬化を待つ。発生した泡は、ライターの熱で飛ばした。
6時間放置。ここまでは、OK。
2層目の液を作り、充填する。


DSC06133.jpg 
24時間後、解体しようとするが、取れない。『離形剤』を塗って無かった。
上面ガタガタ、一体何が起こったのでしょう?
DSC06134_20200818174714388.jpg DSC06336.jpg 
型が一部残ったが、何とか取れた。  ホームセンターで『離型剤』を買った。


DSC06341.jpg  DSC06343.jpg

   DSC06344.jpg
巨大な泡が発生していた。(空気の熱膨張でここまで?) 
後で気付いたのですが、プラモデルの内部は空洞で凝固熱によって内部の空気が膨張したのだろうと、思われる。
(潜水艦の内部空洞からすればこの泡の量は、納得です。)




DSC06342.jpg

1層目と2層目に色の差が発生した。1層目は未だクリヤーですが。2層目は完全に濁ってしまった。
2層目を撹拌中に少し濁っているのを確認していたのですが…対策打てずに、そのまま続行。
クリヤーレジンを着色する時に2滴ほど落としたが、これが適当過ぎたのでしょうか?
(メーカー両社共、1回の流し込み量は15mm程度にする旨の注意書きがあるので、それを守った
同じ量を落とすのは大変難しく、難易度・高です。)

2層方式はダメかも知れませんね。
しかし、2層目がどうして此処まで濁ったのか不明です。   3度目の失敗。

ジオラマで10mm程度の池の表現には、丁度良いと思います。
次は、今回の反省を踏まえてもう1度行います、

コメントの投稿

非公開コメント

きっかけはYouTubeで韓国モデラーさんがUボートに魚雷が当たった瞬間を
レジンアートにしているのを見た時です。
一度ヒットすると関連動画は沢山出て来るので、それ以降ハマってしまいました。

私も6月末で会社を完全撤退致しました。
コロナ禍でイベントはことごとく中止ですが、全日開いていますので
良い情報など有りましたら教えてください。

凄い事やってますね!
きっかけは何だったんですか?
初めての事で、多くの失敗があったようですが、一気にノウハウを掴んだんじゃないですか?
上手く出来たら、ブロック面を鏡面仕上げにすると素晴らしいでしょうね。
潜水艦の内部が空洞で、そこからの気泡が出るとは、やってみないと気づきませんね~!
再度挑戦との事!楽しみです。

紫電改の方も、次々と充実していますね。
少し涼しくなったら、一度お伺いしたいですね。

カテゴリ
陸 (3)
車 (1)
海 (2)
空 (4)
プロフィール

店長

Author:店長
ノアの店長です。
加古川市でミリタリーをメインに品揃えしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR