FC2ブログ

姫路海軍航空隊・鶉野飛行場 ・ 川西航空機 (ギャラリー1)

テーマは『終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』です。

ファインモールド 1/48
 空技廠 海軍夜間戦闘機 彗星一二戊型 『彗星夜戦』 131空 芙蓉部隊    
   製作者 冨士原 規行 様
彗星夜戦-1
『終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』その①
九州から部隊の飛行機を使用して復員し、当飛行場に飛来したとのこと。(機体番号は不明)
 上谷氏、講演にて)当時パイロットは、アメリカ軍によって全員射殺されるとの噂があり
着陸するや否や3名いた搭乗員は、すぐに飛行場から離れて身を隠したそうです。

製作者 冨士原 規行 様
CIMG0384.jpg

彗星夜戦-2

彗星夜戦-3
  ここに3人乗ったのですね(定員2名)




ハセガワ 1/48 三菱 零式艦上戦闘機三二型 姫空『ヒメ-511』
製作:店長(これより以下)
001.jpg
終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』その②

航続距離の問題で南方前線より戻され実用練習機として姫路航空隊に配備される。
(垂直尾翼に急きょ部隊番号のみを書き直したという設定。 記録では、3機残っていたらしい。)


004.jpg


<003.jpg




 オオタキ 1/48 空技廠 九三式陸上中間練習機 姫空『ヒメ-517』
93-.jpg
『終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』その③

 2機?、残存。 赤トンボも戦争末期には、このように上横面を濃緑色に変えていた。
 また他部隊では、特攻用に前席シートを外し増槽タンク変わりのドラム缶を付けた機体もあった。
これにまだ250kgの爆弾を装着しての飛行 考えただけでも悲惨。

追)鶉野も例外ではなく、第三岡崎海軍航空隊の20機が派遣され特攻に備えての夜間慣熟訓練を
行っていた。しかし特攻出撃は無く終戦をむかえ、搭乗員たちは復員のため同機体を使用した。 

93中連-2


93中連-1





ハセガワ 1/48 三菱 零式練習戦闘機 姫空『ヒメ-513』
CIMG0412.jpg
『終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』その④

訓練飛行、将校の連絡用に使用された。

零連-2


CIMG0424.jpg






ハセガワ 1/48 中島 九七式一号艦上攻撃機 姫空『ヒメ‐305』
97艦攻ヒメ-305-1
昭和18年10月1日姫路海軍航空隊が開隊され、その1週間後の8日に徳島空より20機の九七式一号艦攻が
飛来した。練習航空隊のため三号艦攻に第一線を譲った旧式の機体であったが、終戦までには、すべて特攻出撃して行った。


ヒメ-305-3



ハセガワ 1/48 九七式一号艦上攻撃機 姫空『ヒメ‐307』
CIMG0502.jpg
未だ、濃緑色に塗られていなかった初期のころの機体。



CIMG0499.jpg




タミヤ 1/48 川西 水上戦闘機 強風11型
CIMG0746.jpg
昭和18年12月制式採用されたが、すでに太平洋の島々に日本軍の拠点は少なくなっていた。
97機生産された。

CIMG0755.jpg
菊原静男技師による設計で、昭和17年5月に1号機が完成。 東大の谷一郎教授が開発したLB翼と呼ばれる
層流翼が使われた。

(参考文献) 上谷昭夫氏 : 川西航空機秘話 『紫の閃光』より


CIMG0753.jpg





タミヤ 1/48 川西 局地戦闘機 紫電 11型 甲 筑波航空隊
紫電1Snapshot_2.png  
『終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』その⑤
零戦の後継機開発遅れで川西航空機が水上戦闘機『強風』を陸上機化した。
 姫路製作所で完成した機体を、再度、6分割して胴体、主翼、エンジン等の各パーツを3頭立ての馬車で毎日
20キロ以上離れた鶉野組立工場 まで運んでいたらしい。  

 昭和20年7月 本土決戦に備え、筑波海軍航空隊の紫電50機が鶉野飛行場へ派遣されたが、そのまま終戦に至る。
          そのため、終戦時に紫電だけでも50機以上あった。     
    
     11月 米軍引き渡しのためこの中の3機が選ばれ、アメリカのマークを付けて横須賀にむけて
         離陸した。(パイロットは日本人)アヴェンジャーとヘルキャット10機が、その任務についた。
         途中、アメリカ製の良質オイルとガソリンで、誉21型エンジンは絶好調に達し、たびたび
         「減速セヨ」の警告が出た。





紫電5
中翼のため長い主脚が必要で、収納には2段引き込み式(テレスコピック式)を採用したが
故障の多発を招いた。


紫電6
姫路工場で、466機 生産された。(川西全体で1007機)

20mm4挺の重装備が物を言ったが、主脚と発動機の不調で第一線の人気は必ずしも良くなく
根本的に改良することを、海軍に進言し紫電改へと繋がっていく。

川西 姫路製作所・N1J-175 / 昭和18年4月18日
 
131002_1452_001.jpg
         ↑ (写真をクリックしてください。)
 
 大変興味深い写真です。 手前3列に製作中の「紫電」があり、写真奥に2機の「強風」が写っています。
最奥の「強風」には、フロートが取り付けられています。
 昭和17年7月に姫路製作所の操業がはじまり、写真の日付で行くと9ヶ月位経った頃のようです。
やっと、生産ベースに乗った所でしょうか?  完成近い「強風」の周りに作業者が居ないので
「紫電」に全力を注いでいるようです。 そして2年後には、空襲で全滅してしまうのです。

                                       写真提供:上谷 昭夫 様



ハセガワ 1/48 局地戦闘機 川西 紫電二一型 『紫電改』 第343海軍航空隊 戦闘第301飛行隊
CIMG0738.jpg
『終戦時に鶉野飛行場に残っていた飛行機』その⑥
   
  昭和20年 2月 米軍、硫黄島に上陸
         3月 紫電改1号機 完成。(鶉野組立工場)
         4月 米軍、沖縄に上陸。紫電改、本格的に生産開始。
               (紫電改は、77号機 紫電は、441号機あたりを作っていた。)
         5月11日 川西 甲南製作所、空襲
         6月 9日 川西 鳴尾製作所、空襲
            22日 川西 姫路製作所、空襲 
         7月24日 川西 宝塚製作所、空襲 こうして、全生産拠点を失う。
      鶉野飛行場のB-29による爆撃は免れたが、艦載機の機銃掃射を3度受けた。
      終戦時には、10数機(組み立て中も含め)残っていた。

CIMG0740.jpg
      姫路で44機、製作された。(川西全体で400機)



CIMG0742.jpg 
ameblo.jp/se-terui/entry-11548144674.html ←クリックして下さい(悲劇のエンジン『誉』






 ハセガワ 1/48 中島 艦上攻撃機 天山 一二型 姫路航空隊『ヒメ-306』電探装備機
CIMG0721.jpg
  姫路航空隊には天山『ヒメ-302』『ヒメ-306』の2機が配備されていた。
 302は、特攻での突入記録あるが、306は数奇の運命をたどり生き残った。
 (佐藤 栄一海軍中尉・搭乗機)
  昭和20年3月21日 佐藤少尉以下15名が高知空より着任、そのまま特攻隊に編入「ヒメ-306」を受領。
          23日 菊水1号作戦のため試運転を兼ねて宇佐空へ進出する。鶉野飛行場で最初で最後の
              出陣式が行われた。宇佐空では空中退避を繰り返し次の命令を待つ。
         4月5日 串良基地へ出撃命令出るが「ヒメ-306」だけエンジン不調で修理のため姫空へ戻る。
           6日 第一次特攻日であるが、姫路の佐藤少尉達には情報が入ってこない。
              修理完了後、串良へ飛ぶが悪天候で再び姫空へ引き返す。しかし、上官の命令で
              再々悪天候の中、串良へと離陸する。雲を避け三保基地経由で迂回するも視界のため
              飛行できずに姫空へ戻る。 上官は佐藤少尉をなだめ、ゆっくり休養を取れと言った。
        7日・8日 雨
           9日 串良へ飛ぶ。  しかし姫空全機は、4月6日に特攻決行していた。
          12日 第2次特攻の発表。 搭乗割りの名簿からもれる。
              その後、第3次から第6次まで名が上ることは無かった。
        5月11日 第6次特攻で4機(姫空1機)飛ぶが、3機トラブルで帰還するまでに
              戦力は落ちていた。
          12日 第10航空艦隊・艦攻特攻隊の解散宣言が突如発表され、原隊復帰の命令が出た。
         6月初旬 姫空で機長に昇進した佐藤中尉達に百里原空への移動命令が出た。
              着任後、そのまま終戦に至る。

 ( 百里原基地 残存機数:167機の内、天山艦攻は11機でその内の1機が『ヒメ-306』と思われる。)
         

            
CIMG0797.jpg



CIMG0729.jpg




         (参考資料) 上谷昭夫氏 : 川西航空機秘話 『紫の閃光』
                       月刊誌『 丸 』2000年6月号

コメントの投稿

非公開コメント

しおチャン 様
訪問、有難うございます。
シロプリ様、同様よろしくお願いします。

姫路航空隊にかかわる珍しい塗装を見せていただきました。
ありがとうございました。
カテゴリ
陸 (3)
車 (1)
海 (2)
空 (4)
プロフィール

店長

Author:店長
ノアの店長です。
加古川市でミリタリーをメインに品揃えしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR