FC2ブログ

ハセガワ1/32 紫電改 (製作記-15)

本体の塗装剥がし 
DSC00651.jpg  DSC00679.jpg
  剥がす前に塗料が詰まったパネルラインの溝掃除を行います。
(銀と緑との間には既に水溶性のケープを一吹きしています。)

.



DSC00677.jpg
 ブラシと水を準備。(子供用歯ブラシを100均で購入)

DSC00650.jpg
 ブラシに水を含ませ左主翼と、その続きのコクピットまでの胴体を
あまり範囲を広げないように、ゴシゴシと擦った。


DSC00659.jpg
  ライン・エングレーバーでパネルラインの塗料を
取り除いているため、塗装面の中央より端の方がケープに水が届き易いので、剥がれが早い。
塗装面の中央は、水を落とした直後では全く反応せず(取れるのかな?)と、心配するほどである。
しばらく擦っていると、針で突いたような穴が開きだしてくる。
そこからは、反応が早いのでブラシ圧やゴシゴシ・スピードを注意して進める。
 


DSC00655.jpg 
  不揃いになる様、調子を整えつつ…その行為が範囲を広げてしまう。
いくらでも剥がせるので、ツイツイやり過ぎてしまった。



DSC00662.jpg 

DSC00664.jpg DSC00678.jpg
 次に、スミ入れ塗料で影の強調、及び脚類の筆塗り。



DSC00675.jpg

DSC00676.jpg
結果として、面相筆でも描けない程の細かい剥がれが、ブラシのテクニックだけで簡単に出来上がり
十分納得できる表現になったと思います。 この上から退色塗装をしようか迷っています。



DSC00680.jpg 
 拭取り作業、終了。


 
 DSC00657.jpg
パイロットを乗せてみた。
  


 




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
陸 (4)
車 (1)
海 (2)
空 (4)
プロフィール

店長

Author:店長
ノアの店長です。
加古川市でミリタリーをメインに品揃えしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR