FC2ブログ

タカラ連斬模型シリーズ A-150計画

A-150計画(まぼろしの戦艦)
DSC00601.jpg
 3歳の孫が加古川花火大会の景品でタカラ連斬模型の大和を貰ってきた。
皆様良くご存じの9年前に公開された『男たちの大和』のコラボ企画で発売された商品でした。
「じーじ作って」で、作り始めたが大和と様子が少し違う事に気づいた。
良く見るとシークレット・アイテムであることが判明。
 

DSC00661.jpg

A-150計画(マル五)とは…
 マル五計画がそのまま進行していたなら、日本海軍は46cm砲搭載艦5隻、51cm砲搭載艦2隻
計7隻の戦闘艦を保有していたはず。竣工は1947年頃に予定されていたがミッドウェー海戦で 大敗し
4隻の空母を失う。 マル五計画は大改訂を余儀なくされ大和型3番艦の『信濃』は空母に変更され
4番艦は製造中止、解体された。  以降、戦艦建造はすべて中止となる。
(取説より引用)

そしてこれは大和型6,7番艦になるはずだった、まぼろしの戦艦です。


.



DSC00605.jpg 
 手前が昔作ったタミヤの大和型2番艦『武蔵』。
今更、どうして? の感じはありますが
当時、食玩に飽きてきた時期でもあって全くチェックせずに来たため
私的にはニューアイテムなのです。

 


DSC00606.jpg
 艦首はかなり細め。
左のタカラの方が本物に近い形状らしい。


DSC00607.jpg
 45口径51cmの主砲が6門。


DSC00608.jpg
 艦尾は短目。
これも奥のタカラが正しいと思われる。


DSC00610.jpg
 前後の副砲は無し。


DSC00611.jpg
 水上偵察機『瑞雲』 の搭載を予定していた。


8/15 組立完成。
DSC00637.jpg 
 基準排水量:64,000t  水線長:256m


DSC00644.jpg 



DSC00645.jpg 
 98式10cm高角砲。 駆逐艦『雪風』の主砲が12基 24門。
主砲発射時のブラスト(爆風)から乗組員を守るため全てシールドタイプが採用されている。


DSC00642.jpg 
 搭載された『瑞雲』水上偵察機。



DSC00649.jpg 

                    (データは取説より引用)


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
陸 (3)
車 (1)
海 (2)
空 (4)
プロフィール

店長

Author:店長
ノアの店長です。
加古川市でミリタリーをメインに品揃えしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR